キャンピングカーのLPガス問題 プロパンガスボンベの補充充填とカセットガス

キャンピングカーのプロパンガス(LPガス)ボンベの補充充填問題

キャンピングカーに乗っていない・・購入を考えていない人には

まったくどうでもいい話ですよね~ 笑

そもそもそんな問題があるなんてしれないでしょう

しかしこれからキャンピングカーを購入することをお考えの方には

大きな問題ですョ~

でも、これをクリアできると・・

他のキャンピングカーオーナーさんからめっちゃ

羨ましがられます・・(*´ω`)

え!?ボンベ補充先確保してんの?!?!?

キャンピングカーのプロパンガス補充充填問題

いいな~!!!って(*´ω`)



キャンピングカーのプロパンガス(LPガス)補充充填

以前までキャンピングカーのガスといえばプロパンガス

非常に強い火力と携帯性も良く取り扱いも簡単

補充も簡単で全国に補充充填施設が整備され

まさにキャンピングカーとの相性はバッチシ

当時充填も日本各地にあるLPガススタンド(タクシー専門だったりする)や

プロパンガス屋さんで容易に補充充填してくれました

家がプロパンガスの場合は、そのプロパンガス屋さんに

お願いするだけ

もちろん地元のガス屋さんを調べて、飛び込みで

補充を依頼しても問題なく充填可能でした

十数年前のイベント会場での事故・・

的なものが原因で、お役所の短絡的な処置としていろいろ

ダメダメした結果・・

ガス屋さんが補充充填をやめちゃったみたいです

キャンピングカーにはまったく関係ところの事故の話なのにね・・

その当時までは、FFヒーターに冷蔵庫にボイラーと

多くの設備の動力に使用されていましたが

このお役所仕事の影響でキャンピングカーのオール電化化が

進みます

今現在新車で売られているキャンピングカーはソーラーに

トリプルバッテリーにと、設備の動力のほぼすべてを

電気に依存しています

同時にプロパンのボンベはコンビニ等で簡単に購入可能な

カセットガスにとって代わられます

カセットガスのとプロパンガスの差

カセットガスのメリットは何といってもその手軽さ

どこのコンビニでも入手可能です

しかし、メリットはそれくらいでガスとしての能力の

優位性は圧倒的にプロパンガスにあります

以下がガスの能力比較表になります

名称 化学式 沸点[℃] 蒸気圧([hPa][20℃]) 燃焼エネルギー[kJ/g]
ブタン(ノルマルブタン) C4H10 -0.5 2,213 42.8
イソブタン C4H10 -11.7 3,113 42.8
プロパン C3H8 -42.09 8,513 44.0

注目すべきは沸点と蒸気圧の差です

まず蒸気圧

上二つがカセットガスに多いもの

一般的に安売りされているものがブタンで-0.5度

ちょっと高めでプレミアムと売られているものがイソブタンで-11.7度です

これに対しプロパンは-42.09度

これはつまり・・

カセットガスは

冬山なんかの寒いところでは火がつき難く安定しない

最悪つかない事もあるってことです

対してプロパンは・・

-42.09度

最強ですね~(‘ω’)ノ

また火力の差が歴然なのはその蒸気圧の差です

カセットガスの3~4倍近い圧力差

カセットガスの全開がプロパンの弱火から中火行かないくらいってイメージでしょうか・・

キャンピングカーの火力が弱いといわれるのは、キャンピングカーが原因じゃなくて

ガスの種類の問題なんですね~(‘ω’)ノ

レンタルキャンピングカーでプロパン使用可能の車両があれば

超レア車両なので、是非使ってみて下さい!!

キャンピングカーの人気設備の一つ 冷蔵庫には大きく分けて2種類 1つは『3way方式冷蔵庫』で もう一つは『DC方...

近年見直されるプロパンガス

近年ガス業界では基本料金が安い都市ガスに押され気味だった

プロパンガス

地震などの大規模災害に対して抜群の適応力を

もつプロパンが見直されています

実際、プロパンガス搭載のキャンピングカーは

ガスさえ確保できれば、電気の消費を気にせずしようできる

3WAY冷蔵庫を使用出来たりボイラーでお湯をつくれたりと

メリット一杯です

また、キャンピングカーのプロパンガス設備は

充填が難しいということで、便利な設備にもかかわらず

付いていてもプライスに反映されにくく安く充実装備の

キャンピングカーを買えるメリットがあります

自分で充填出来るガス屋さんを見つけられない場合は

キャンピングカーを専門に扱っている販売店に相談しましょう

専門店は、顧客のガス補充にも対応する必要があるので

必ずガス充填のルートを確保しているはずですョ~(‘ω’)ノ

ちなみに私のキャブコンキャンピングカーは5Kgのプロパンボンベを積んでいて

先日追加のボンベを注文したので、もう少ししたら10㎏仕様♪

この冬にソーラーも積む予定なので長期キャラバンも怖いものなしです(*´ω`)♪♪♪

一般的なカムロードをベースとしたキャブコンキャンピングカーを新車で購入 しようとした場合、あれこれオプションを付けて700万円~って感...