キャンピングカー運転の注意点 全長・車幅や内輪差より高さに注意が必要です!!

キャンピングカーを運転しようとした時気になるのが

そのボディの大きさです

本当に私に運転できるだろうか・・?

心配になります

普段日常的に車を運転されている方は

多くの心配は問題なく運転できるでしょう

その部分とは車幅と全長です

通常車を運転するとき気になるのが車幅と全長に内輪差

これに慣れると、普段の車と大差なく運転出来るようになります

キャンピングカーレンタルとキャンピングカーレンタカー

キャンピングカーのそれも、国産のキャンピングカーは大体

2m×5m前後を基準にして作成されているため

慣れたらいつもと変わらない感じで運転可能です
※ハイエーススーパーロングに関しては内輪差にも注意が必要です

しかしキャンピングカーの運転で気を付けるべきものは

もう一つあるのです

それが全高(車の高さ)です



キャンピングカーの全高(車の高さ)

キャンピングカー乗りのやっちまった事件といえば

ルーフの破損です

ルーフとバンク部分に修復や応急手当を痕跡を見つけると

あちゃー((+_+))ってなってしまいます

キャンピングカーの全高 2m40以上は注意が必要

2m40を超えるとあちこち注意すべきところが一気に増えてきます

立体駐車場はもちろんですが、マクドナルドなんかのドライブスルーや

スーパーの歩行者用雨除け

民家や店舗の軒部分

道路標識に街路樹

街中の運転には障害物がたくさんです

これらはキャンピングカーの運転になれてくると自然と

認識し避けられるようになるのですが

普段高さの注意していない運転手の方には難しいことなんです

キャンピングカーレンタルを利用する際は注意!!

普段全高3mオーバーの車を運転しない人は

車を運転するときに全高(高さ)なんて気にしません

普段気にしていないものを

気にするのは難しいことです

レンタルキャンピングカーで多い事故も高さ起因が多い

と聞きます

特にルーフベントにカバーが付いている車は

高さが3m40近くになります

せっかくのキャンピングカー旅で

どんより気分にならないように注意して運転しましょうね~(‘ω’)ノ

高さがあることを忘れてはいけない!!

キャンピングカーの運転で車幅・全長・内輪差は

常に注意し続けることが出来ます

しかし高さは、運転に慣れるうちに高さがあることを忘れて

しまうから問題なのです

運転に慣れた頃が一番危ない・・

せっかくのキャンピングカー旅行

どんよりズーン・・

とならないように気を付けて運転しましょうね~(*´ω`)



全国のキャンピングカーレンタル/レンタカー屋さん

北海道のキャンピングカーレンタル/レンタカー

東北のキャンピングカーレンタル/レンタカー

甲信越・北陸のキャンピングカーレンタル/レンタカー

関東のキャンピングカーレンタル/レンタカー

東海のキャンピングカーレンタル/レンタカー

関西のキャンピングカーレンタル/レンタカー

中国のキャンピングカーレンタル/レンタカー

四国のキャンピングカーレンタル/レンタカー

九州・沖縄のキャンピングカーレンタル/レンタカー



キャンピングカーを借りたい人と全国のキャンピングカーレンタル・レンタカー屋さんとつなぐキャンピングカーレンタルネット | キャンピングカーレンタル/レンタカーで行こう!!