キャンピングカーのサイズ感と全国のキャンピングカーレンタルショップ

外車のキャンピングカーや、バスコンは狭い日本の道で運転す カムロードベースの車両の多くが2×5m カムロード・ボンゴ・ハイエースをベースに作成 総じて運転しやすく注意すべきは『高さ』『スピードの出し過ぎ厳禁』※ハイエースのスーパーロングベースは小回りきかないので内輪差に注意 キャンピングカーのレンタルショップ

高速道路 強風・追い風時はキャンピングカーのスピード出し過ぎに注意

高速道路をキャンピングカーを運転する時は強風や突風にあおられることも多く、運転には注意が必要 同じように風に弱い車(空荷のトラックやホロ付きの軽トラ等)はゆっくりと 横風や向かい風の日は運転しずらくスピードを上げると風にあおられたり大型車に抜かれる時に車が吸い寄せられたり キャンピングカーレンタルで行こう

キャンピングカーの維持費・メンテナンス・整備費・維持費の節約方法 安い整備工場は・・

・架装・設備部分のメンテナンス費用・車両部分のメンテナンス費用この中でメンテナンス費用をコストカット出来る可能性が高いのはキャンピングカー車両部分のメンテナンス費用 専門の知識と経験のあるキャンピングカー専門店か電装屋さん バンテックのZILやナッツのクレアなどベースはカムロード キャンピングカーレンタルで行こう!!

中古キャンピングカーの相場感って 新車のミニバンと同じ金額だせば程度の良い中古車も

キャンピングカーって1,000万以上 ライトキャブコンなら400万円くらいから狙えます カムロードベースになってくると中古でも200万~800万 以上のクルマも・どこのビルダー・架装部分の設備内容 キャブコン探した時は、トイレ設備有で水タンクの容量が多く、電気に依存しなくてもしっかり冷蔵庫が使えるの条件から古めのZIL

キャンピングカーのリヤエアコン 走行用/スポット/家庭用の違い

キャンピングカーオーナーが夏になって初めて知るエアコン(クーラー)問題 車両のエンジンを利用したエアコン キャンピングカーを新車でオーダーするときにオプション設定になっているビルダーもある為中古車を購入 家庭用で、窓にはめるタイプのウィンドウエアコンや、ポータブルエアコン キャンピングカーレンタルで行こう

カムロードベースのキャンピングカーのタイヤ・ホイール選び アジリスキャンパーにハイエース純正鉄チンホイール

ミシュランのアジリスシリーズなら間違い無いんじゃないですかネ~ 最近はアジリスシリーズからアジリスキャンパーなるキャンピングカー用タイヤも発売されました 6J鉄チンホイールで200系カムロードに流用といえば200系ハイエース用純正の鉄チンホイールが定番 215/70R15の人気サイズは毎年GWあたりには品薄・欠品状態

キャンピングカーがすれ違う(スライド)時の挨拶 2019年平成から令和へ

『スライド時の挨拶』とは対向するキャンピングカーを見つけたら『手を振り合う』というものですバイクのピースサインとにています 2019年、平成が終わり令和の時代 大型連休のゴールデンウィーク(GW)真っただ中 キャブコン同士のすれ違いの場合はかなりの高確率で手を振り返してもらえ キャンピングカーレンタルで行こう

新車か中古車か? 中古キャンピングカーを買うときの相場観

購入するときに悩むのが新車か中古車か?中古車のメリット:キャンピングカーを買うとき・安い・納車が新車よりは早い・自分の好みの仕様のクルマと出会うことがある中古車のデメリット 中古キャンピングカーの相場イメージ的にはやはり500万円をこえると年式的にも若い、グレード的にも良い装備 キャンピングカーレンタル

キャンピングカーレンタルのすすめ 試乗とお試し車中泊とレンタカー

クルマを買うときって試乗しますよね~ 乗り心地や車内の質感を確認するためにキャンピングカーはどうでしょう??新車で買う場合は試乗まではできるかもしれませんが試し車中泊は 走行時の乗り心地、寝心地や使い心地 軽キャンピングカーがいいのか?ライトキャブコンがいいのか?カムロードベースがいいのか?バンコン カセットトイレの

普通免許でキャンピングカーは運転できる??カムロードやボンゴベースは??運転免許証の種類

普通運転免許証でそのキャンピングカーが運転できるかどうか キャブコンの場合・人気のカムロードベースやボンゴベースの車両・ハイエースベースのバンコンは 車両総重量3.5tのところで積載量2tトラックベースの車両 リヤシングルのカムロードベースは積載量1.25tトラックなので運転可能です キャンピングカーレンタルで行こう

Translate »