バンコン:ハイエースキャンピングカーの屋根の高さ/全高と高さ制限 立体駐車場/高架下/駐車場ゲート/ドライブスルー

バンコンモデルのキャンピングカーはトヨタハイエース/レジアスエース ルーフの高さ(全高)は・標準ルーフ(ナローボディー)・ミドルルーフ(ワイドボディー)・ハイルーフ(スーパーロング・ワイド)の3つに加え・特別架装されたルーフ 立体駐車場、ドライブスルー、低めの高架下カーポート、一回部分の軒や道路標識、街路樹等

キャンピングカーのタイプの選び方 キャブコンタイプとバンコンタイプ

キャブコンかバンコンかは、キャンピングカーの利用スタイルや車中泊する人数、子供の大きさでも変わってきます ベース車両によってナロー(標準)、ワイド、ミドル、スーパーロング、ハイルーフなどいくつかの大きさに加え、ルーフが上に広がるポップアップ レンタル/レンタカー業者の中で個人で経営されているお店が見つけられると幸運 

キャンピングカーレンタル/レンタカーの注意点は???キャンピングカーでの車中泊マナー:道の駅・高速のサービスエリア編

レンタルキャンピングカーはトイレやテレビ、電子レンジまで装備されていますが車内で暮らすための道具・日用品はなにも準備されていないことが一般的です※レンタカーなので当たり前ですが・・思い通りのキャンピングカーライフを満喫するためには、この辺の道具関係の準備はしておきましょう 道の駅・高速のサービスエリアでの車中泊マナーは

キャンピングカーのトイレ問題 本当に使えるのか?においは気にならないのか?必要なのか?

キャンピングカーの魅力的な装備の一つがトイレです 車両によって付いている車両と無い車両がありますが 必要性の是非が問われるのがこのトイレ キャンピングカーのトイレの処理は簡単 オダーロスか、一般的に使用されているセットフォードのアクアケム系 溶剤の使用方法や、トイレの使用方法を間違わない限りにおいは大丈夫

キャンピングカーレンタルの活用法 イベント参加・観戦時の宿泊施設として

所以は宿泊施設としての機能ももっているということ イベントで現地の宿泊施設の予約が取れない時にキャンピングカーを借りて宿泊施設代わりにする事も出来ます キャンピングカーは宿泊施設と違い、1日あたり何円と料金設定されていることが多く、数人でレンタルすると一人当たりの料金は宿泊施設を利用するよりお得になることがほとんどです

キャンピングカーレンタル/レンタカーと一般のレンタカー屋さんの違い

これに比べ、キャンピングカーのレンタル/レンタカー屋さんは キャンピングカーに特化して事業していることが多いです いつも乗っている乗用車感覚で運転していると、家の軒・道路標識・街路樹・カーポートへぶつけてしまうことも 貸出時の車両説明にはキャンピングカー特有の専門知識も必要で 説明に1時間以上かかることは一般的・・

キャンピングカーレンタル/レンタカーでキラキラ体験 秋は最高のシーズン レンタル/レンタカー料金の実は・・

キャンピングカーといえば憧れの対象・・いつかキャンピングカーにのって日本中を旅するんだ キャンピングカーに乗るだけでこんなにキラキラライフが・・意外と知られていないレンタル料金のはなし じつはレンタル料金は地域によってバラバラ 都市部のレンタカー料金は高めなことも多いので目的地周辺で車両をレンタルするのもおすすめです

キャンピングカーレンタル/レンタカーで仲間とロードトリップ カムロードベースのキャブコンとハイエースベースのバンコン

仲の良い仲間とキャンピングカーレンタル/レンタカーでロードトリップ・・イメージはまさにこれ!!国内で流通しているキャンピングカーといえばハイエースのハイルーフ/スーパーロングをベースとしたバンコンタイプのキャンピングカーとトヨタカムロードをベースとしたキャブコンタイプのキャンピングカーが主流・・